「駄菓子菓子屋敷-その4-」


その3 の 続き。


まぁ、怖がってても仕方ねぇ。

不動産屋は恐らく聞いても教えてくれない。

ので、大家さんに探りを入れることにした。


屋敷の隣に大家さんが棲んでいます。

反対側は幼稚園です。


・屋敷廻り
屋敷廻
こんな感じ。


そんじゃま、たのむぜ!クツキイ!(契約者)


15分ほどで九鬼元帰還。


どうでした!何か分かりましたか!

「俺等の前は確かに数年間は社寮だったみたいです」

「その前は5人家族が棲んでいたそうです」

「思春期の息子が煙草の不始末で2階で火事を起こしたそうです」

なんだと!最初のテルの部屋か!

だからコゲ臭いニオイなのか!!!

ちんだの?息子ちんだの?

「息子さんの消息は聞いてません」

「そしてお婆さんもいたそうです」

嫁の名はミチコか??!

「いや、えっと、あの、大家さんが目を逸らし始めたのでそれ以上は聞けませんでした」

チッ…使えねぇ眼鏡だな。


よおし!まとめよう!


2階の元テル部屋では火事があった。

水音はその火事のときの幻聴?

ノックしたりコゲ臭をさせるのは、恐らくその家族の息子。

僕と九鬼元のトコへ来るのは、恐らくその家族のお婆さん。

だと仮定しよう。


となると。


階段下の納戸前で蹲るナニカ と 2階で聞こえる女の話し声 と 女の手。

この3ツは何だろうか。うーん。

と、皆で考えたが、結局その日は酒盛りして終了。

各自、千鳥足で部屋に戻った。


翌日はいつもの軽い二日酔いの昼。


園児達が騒がしかったので眼が覚めた。

ヤケにうるせぇな、運動会ですか?

とか思いながら二度寝。


・そのときの僕の部屋はこんな感じ。
女樂部屋


ウツラウツラしてたら部屋の出入口の方からズシンと、

何かが落ちてきたような音がしたんですよ、奥様。

しかも、こう何か、重いモノが落ちたような感じ。

振動は無く、ただ音のみ。


誰だ!僕の惰眠を邪魔するのは!


と、思った直後、いまこの屋敷には僕の他に誰も居らず、独りであることを思い出す。


昨夜は5人で酒盛りをした。

客人は珍しく居なかった。

いまは恐らく昼間。


てコトは誰もいない!!!


そして、また身体が動かない。

前回と違うのはなぜか眼だけ動かすことができるというコト。

首が動かせないので、眼球だけ出入口に向けて様子を伺うしかできず。

眼球筋なんか鍛えてねぇから痛いこと痛いこと…。


あぁ、たぶんコレ二日酔いの所為だ、うんそうに違いない!

怖くない!ナニカさんじゃないよ!断じて違う違う!


などと脳内で云い聞かせ、

まず起き上がることに専念しようとした矢先、

今度はズルズルと何かを引き摺るような音が…。


ちょっと待て待て待て!何ですかと!何の音ですかと!


さっきは出入口のあたりで聞こえたのに

今度はリビング側からこちらへ向ってくるような音の距離感。

それが出入口の前あたりで止まったような音がしたんです。


重たいモノと引き摺るモノが、

僕の部屋の前にイルのだと思うと、

もう気が狂わんばかりでした、奥様。


ただただ耳だけ澄まして動けずに時間だけが過ぎます。


そしたらよぉ。


急にまた園児達の声が聴こえてきてな。

あ!これ動けるんじゃね?!とかさ、思うじゃーん。

現実に戻った!!!みたいな感覚?

動けーー!とか脳内で独り言云ってたら、


フとね。


気付いちゃったんですよ。

いあいあいあ、オカシイ。

この声、幼稚園の方角ではないぞ。

聴こえてくる方角オカシイ。

僕の左側から聴こえてますよ?ちょっとすいません!


そんでもってよぉ。


その園児だと思ってた笑い声がよぉ。

一瞬で移動したんだよ、窓の方へ、声が。

ヒトであるなら、んなに早く移動できる距離じゃねぇんだよ。


そして視なきゃいいのに視てしまうのがヒトってもんで。

視ちまったんだよ、声がする窓の方を。


赤や黄の原色で彩られている僕の部屋にな。

その窓の周りだけ黒っぽい紫色になっててな。


そんでもってな、奥さん。


並んでるんですよ、並んでるのヨ窓に。

子供のアタマが3ツ並んでるの。

どす黒い紫色の子供つーか胎児?のアタマが3ツ。

更に、その子ら、こっち視て笑ってんの。


あのーあれ。


幼児独特の警告音的な甲高いあの声。

あの妙な音域の笑い声を発しながら視てんだよおお。

この時から僕は子供のあの声がダメになりましたよ、奥さん。


笑い声は鳴り止まないし、紫の三つ子はずっと僕を視てるし。


もうダメです、ごめんなさい。怖いです。

味塩撒いたり盛ったりしてごめんなさいごめんなさいごm(脳内再生


そして僕はヲチたね。

気を失ったとも云うか。

あるいは二度寝か。


次に起きたときはもうリビングから耳慣れた声がしておりました。

大声でその声の主を呼んだな。怖かったから。誰だったけな…。


もうさー。

いま思い出しながら入力してるわけですけども。

思い出したら怖くなってきたんで。

えぇい!以下次号!


あっ


このときの紫の三つ子の話を

駄菓子菓子のジャケを描いてくださっている

怪奇絵師軽部氏に話したところ

3rdアルバム「こころむし」のジャケに反映されてしまったという、話も付け加えておこう。

・こころむしジャケ
こころむしジャケ

・裏ジャケ
こころむし三つ子

こわいこわいこわいこわい(脳内
三つ子


てか。

中身無いんだけど!どこいった!僕のこころむし!!


---

駄菓子菓子と曖昧中毒は「Mステにもっと曖の手を☆」期間中です。

10月6日 駄菓子菓子 目黒ライブステーション

詳しくは 駄菓子菓子おひさるウェブ にて

2014.10.04 Saturday 23:00 つれづれ日記

「駄菓子菓子屋敷-その3-」


その2 の 続き。


その日の夜は水音ミチコさんの件で大騒ぎです、僕。

誰かが帰宅したらとっ捕まえて、昼に起こったことを説明。

僕を独りにするな条例を発動。速攻で却下de棄却。


てか。


九鬼元が1階に連れて来ちゃったんだと思われる。

2階の元九鬼元部屋に居た老婆を、1階に。

元九鬼元部屋に移動したテルは何も視えないと云うし。

それまで平和だった僕に影響が出た、のだから。


視えてこそないが、怖いものは怖い。


なぜ、僕まで怖いことになったんだ!と問うたところ。

「相乗効果ってヤツ?」「ブースト機能みたいなもんやな」

と、サラッと云いはなった、自称霊感あります氏2人。


聞くところによると。


視える人と時間を共にすると視えない人でも視えるようになることもある、とのこと。

なんだよ!その糞ブースト!要らねえよ!

「はっ!女樂の部屋階段の横だな!」「そやね!忘れてたわ!」

はっ!じゃねぇよ!なんだよ!階段が何だってい…ハッ

階段に蹲るナニカ…思い出しちゃったじゃないかあああああああ


こりゃぁ大変だ!


すぐさま皆でリビングにある神棚の掃除。

お神酒を新しいモノに変える。

テルが厭な感じがするという場所と水場に塩(あじしお)を撒く。

玄関先に盛り塩!(なんとなく


5人中4人が怖いメに遭ってるので、さすがに

ここ、事故物件、なのかもしれない。

と、意見が合致。

大塚から歩いて10分圏内、駐車場付、6LDK、便所2ツ、風呂広、一軒家で18万は安過ぎると思ってはいたが…。


そんな中。


「そういえば俺の部屋こないだ女の手が出たよ」と、ユゥカリスト。

「ばーちゃんぽくない手だったよ」

そんな怖いことを飄々と云うな、天パ野郎。


うーん。うーん。この屋敷怖い!


基本的に1日中、部屋から出ないのだが、独りは怖い。

とにかく誰でもいいから居てくれ条例をメンバーやスタッフに発動。

頻繁に友達や知り合いやら顔見知りやらが屋敷に遊びにくるように。

この頃から屋敷の玄関の鍵が終日解放されるようになり

誰でも出入り自由の無法地帯と化してゆきました…(遠眼


まぁ確かに常に誰かが居る、状態にはなった。

それが僕の知らない人であっても、さほど気に留めなくもなった。


いつでも騒がしいコトになってたから気付かなかっただけなのだが。

でもまぁ怖いことは起きなくなったなア、と安心していたわけだ。


このときの僕は、な。


---

駄菓子菓子と曖昧中毒は「Mステにもっと曖の手を☆」期間中です。

10月6日 駄菓子菓子 目黒ライブステーション

詳しくは 駄菓子菓子おひさるウェブ にて

2014.10.03 Friday 20:22 つれづれ日記

「駄菓子菓子屋敷-その2-」


その1 の 続き。


とりあえず部屋割り決めないと!ってコトで。


まずテルとユゥはナニカが視えるので1階は断然拒否。

ナニも視えない僕は1番偉いので階段横の1番広い部屋。

九鬼元と鯖はどこでもいいってんで、まぁ無難に2階。

・1階 Lv01
1階 Lv01


・2階 Lv01
2階 Lv01

こんな感じになりました。


機材車で各メンバー宅を逝ったり来たり。

運んで運んで運んで棄てて運んで運んで。


そぉいやぁ。


写楽とモモちゃんが引越の手伝いに来てくれたな。

モモちゃんに至ってはウチの機材車を

渋谷の壁にぶっけてヘコませただけだったな…。

写楽はリビングで漫画読んでるだけだったな…。


あ、話が逸れた。


勿論、5人分の引越が1日で終わるハズもなく。

僕は斬り込み隊長だったから初日に終わったが。

全員が完了するまで1週間くらいだったかな。


2ヶ月くらいは毎晩リビングで深酒してました。やんやか。

それまではテルもユゥもナニカが視えるとかは云わなかった。


が、連日酒盛りも飽きてきた頃。

各々が自分の今までの生活時間に戻りはじめたとき。


テルが「俺の部屋、夜中に女の話声が聞こえる」とか。

「壁からコゲ臭えニオイする」とか。

ユゥも「壁を永遠ノックされる」とか。

ここにきて、またコレ、霊感さん発言ですよ。


まぁ酒の肴程度に話を聞いたけど、んー。


相変わらずナニも視えない僕達3人は

当たり前のように信じることもなく。

気の所為じゃねー?

我慢しろよ、んなもん。って程度に

そのトキは済ませましたのでございますよ、奥様。


それから少し経って九鬼元が。


「毎晩金縛り的なものになるようになりました」などと、云いだしやがったのですよ。

「金縛り中は部屋のスミにナニカが居てずっと俺を観察するんです」

「精神的に些か厳しいので、つきましては、部屋割りの再考をお願いします」

あ!それは定期的に訪れる九鬼元ダークネス期間だな!

金縛りじゃなくて肉体疲労だね!そうに違いない!!おk!おk!


まぁ。


このときは各自の部屋で起こることのほうが重要で

階段下のナニカのことは忘れていたんだと思うのね、全員。


んで。


5人中、2人が部屋を変えたいと云うからには(ユゥは荷物移動が面倒で我慢を選んだ)

聞き入れないわけには、ゆきますまい。

部屋割りレベル2!

・1階 Lv02
1階Lv02

・2階 Lv02
2階Lv02

さあ!九鬼元!安眠するがいい!ヤレヤレだぜー。

と胸を撫でおろしたのも束の間。


1階に移った九鬼元が、またも。

「金縛り中に老婆が布団の横で正座するようになりました」

「しかも何か話し掛けてくるんです」

ちょっとアンタ!

こないだまでコッチ側の人間だったじゃない!

なんですか急に!!!やめてください!

「すいません、我慢します」


2階の九鬼元部屋に移ったテルは何も視えないと云うし

ユゥは相変わらずノックされるけど大丈夫だと云うし

九鬼元は我慢すると云う。

鯖ヲと僕に変化は無い。

んー、まぁいいか…。


てか、この家若干怖いんじゃね? と薄々思い始めてた頃。


夜中に水道の蛇口をキチッと閉めてないような音が聞こえるようになったんですよ、僕が。

キッチンなのか風呂なのか便所なのか

どこから聞こえるのか特定できなかったので

誰だ!シツケの逝き届いてねぇヤツは!って、とりあえず怒って。

「はい!気を付けます!」で、何度かは終了。


まぁ。


水場廻りに棲んでるし普段から生活音として聞こえますからね、水音。

さほど気に留めなかったんですけども、この時は。


暫くして。


また水音が聞こえてきて。真昼間に。

僕は部屋で寝てたんですが。

誰だよー。うるせぇよー。

とか夢現で怒ったもんです。

まぁ誰でもないんですよ、だって昼間は僕しか屋敷に居ないんだもの。

でね。

水音がどんどんデカくなってくんだよ。

滝の音みたいな?

しかも起き上がれないの。

二日酔いでも、ライヴ明けでもないのに。

ちょっとスいませン?何これ?

水音は近付いてくるし動けないし声も出ない。

どんどん耳が痛くなってきた瞬間、パシッと静かになったんだコレが。

すんげ怖え!誰かー!誰か―!

と云いたいのに声は出ない、まだ動けない、怖い。

そぉしたらよぉ。

今度は遠くから女の声がすんの。

×××さーん。×××さーん。って。

明らかにそれは、メラさーん じゃないの。

また、その声がよぉ。

コッチに近付いてくんだよ…。

恐いながらも耳は聴いてしまうわけで。

声音的に老人の女性。

そして ミチコさーん って呼んでる。

いねぇよ!そんなの!こえーよ!!

段々と近付いてくるからキチンと声が聴こえるようになりやがって。

泣いてるのか怒ってるのか分からない感じでミチコを呼んでるんだ。

しかし僕はミチコではない。

てか怖い!無理!絶賛無理!

たぶんソレが火事場のド糞力というのだな。

耳元に来たか来ないかくらいの音量になったときに

渾身の糞力で起き上がり、部屋を駆け出し、最寄りのコンビニまで疾走。

乳バンド無し(のーぶら)、靴無し(はだし)、赤毛(もじゃもじゃ)の僕が疾走。

しかもハアハアしてる赤毛、肩で息しちゃう〜♪(さっきゅば☆SOON!)だよ!

コンビニの店員さん、そりゃ吃驚だよ!

でも携帯握ったまま寝入ったのが救いだったな。

怖くて独りで屋敷に戻れないので

バニラかミクロリータに連絡して来てもらった気がする。

逃げたあとのことは、正直あんまり覚えてない。


このコトをキッカケに、まぁもう色々起こるようになっちまったんです、奥様。

---

駄菓子菓子と曖昧中毒は「Mステにもっと曖の手を☆」期間中です。

10月6日 駄菓子菓子 目黒ライブステーション

詳しくは 駄菓子菓子おひさるウェブ にて

2014.09.14 Sunday 17:06 つれづれ日記

「駄菓子菓子屋敷-その1-」


先日、懐かしい写真を視て色々思い出したので。

お茶濁し的な感じで綴ってみよう。

僕はこの共同生活の経験がアレして今ではアレになりました、えぇ。


駄菓子菓子は5人で共同生活をしていた時期がありました。

時期的には1st〜3rdあたりかな。

なので、メンバーは。

僕、テルシゲ、九鬼元、ユゥカリスト、鯖ヲ。


最初はー。


代々木にある九鬼元の糞ボロアパートに4人が転がりこんだカタチ。

2部屋のウナギに5人も居る状態です。

そんな状態にブチ切れたのが九鬼元の当時の彼女です。

自分よりもメンバーを優先する男に厭気が刺し去って逝きました(遠眼


あ、話が逸れました。


さすがに狭いから一軒家借りようぜ!ってコトになり。

大塚にある元はドコかの会社の寮で

二階建てのボロ家を僕が探し当てました。

内見?も独りで逝って決めました。

ボロくてもいいから安くて部屋数の多い一軒家。

って条件だったので高速で契約しました。

皆も新居ゲットでウッヒョーってなったし。

なにヒトツとて僕は悪くない!(先に云う


そんなこんなで。


共同生活開始前夜に皆で簡単な掃除をしに逝きましたのです。

掃除道具を持って、5人で、浮かれ気味でな。


しかしね。


玄関を開けた瞬間に、テルとユゥカリストが

「いや、ココだめでしょ…」

「何アレ?」「あそこ何?」

などと、意味の分からないコトを云いだしやがったのです。

「オマエ、視に来たときに何も感じなかったのかよ」と云われ

イラっとしながら「だから何だよ!安いし広いしいいだろ!」とキレ気味で返したところ。

「階段のとこで蹲ってるのがもう視えてんだよ」「あ、俺も…」って、な。

あーはいはい。でたでた、霊感さん、霊感さん。はいはい。


テルとユゥカリストは


以前から、僕や九鬼元や鯖ヲが視えないモノが視えるみたいな、アレな感じの2人で。

ツアー先のホテルなんかで「俺の部屋変えて」とか「チェンジ」とか云うようアレです。

僕は一切視えませんし、感じることすらできませんし、

ましてやそーゆーの全く信じていませんでしたので、

あーもう面倒臭えなぁ。ぐらいにしか扱ってなかったんです。


まぁね、たしかにね。


視に来たときに、階段の下にある納戸に何となく違和感?みたいなのは若干ありましたけどお。

廊下暗いし階段下の納戸なんてこんなモンでしょー。みたいなああああ。

その程度の違和感などイチイチ報告しねぇよ…。


とにかくその日は。


厭がる2人をなんとか諭し

部屋決めだけでも済ませようと

玄関先で僕が頑張っていたところ

階段のナニカは消えたと云いだしたので…


おk!よかったよかった!

んじゃまず1階から視てみましょー!

と、リビングに進ませたところ。


「は?なにこれ?」

あーなんですか、次はなんですか!

「なんで神棚あんねん」「しかもお神酒あるし」

あーねー。やっぱそれ気になっちゃうよね!

「この説明してよ」

ん?不動産屋さんは気にしなくていいです。って!

「んなわけねーだろ」「実際もう視えてんのに」「おまえ鈍感すぎ」「1階やばいね」


あーめんどくせええええええええええええええ

なんだこの自称霊感あります糞ヤロウども!!!!

分かった!今日はもう帰ろう!

明日は明るい時に来れば違うと思うし!

な!なっ!


と、掃除も殆どせずにその日は撤収。

明日からの共同生活が思いヤられる…。


あッ


間取図必要ですなー。

だので、しゃしゃっと描いた☆

・1階の様子
1階 Lv00



ふぅ。


文章力が乏しい僕なので、今日はこの辺で…。

だって。

たぶん長っ話になる!表現力も乏しいから!

---

駄菓子菓子と曖昧中毒は「Mステにもっと曖の手を☆」期間中です。

10月6日 駄菓子菓子 目黒ライブステーション

詳しくは 駄菓子菓子おひさるウェブ にて

2014.09.13 Saturday 22:32 つれづれ日記

「至人に梔子」


8月13日の午後にその情報は僕のトコロへ飛んできて。

まず、戦友である藤銀次郎に確認を取り、タチの悪いハナシではないと確信。

と、同時に、どこぞにぶつけて良いのか分からない感情が沸々。


どちらが先にダメな人を脱するか競争していた最中だと云うのに。

ダメなことをやってしまったときに報告し合っていたと云うのに。


アァ、これはアレですか不戦勝ってヤツですか。そうですか。

ならば仕方あるまい、僕は鳶の分までダメな人のままで居なくては。


まぁ、ひとまず献杯。

2013.08.27 Tuesday 22:10 つれづれ日記