「マトモな恋愛できるバンドマンなんか居ねえ」


ちょいっとバイクで出掛けて

 

帰り掛けに煙草を買って逝こうと思い

 

直近のコンビニの駐車場にバイクを停めていたところ

 

背後から「バンドやってるんですか?」とイキなり話し掛けられ

 

すっげ吃驚して振り向いたら

 

なんつーか、僕的には記憶に残らないタイプの人(女性)が立っており

 

(僕の記憶に残らないタイプ=中肉中背・長くも短くもない黒髪・原色の入っていないボンヤリした色の服装)

 

目線は僕の足元、話し掛けている相手は確実に僕、だったので

 

髪が赤いって理由でカラまれてんだな、と感じ「いちおう」と応答したところ

 

「私、バンドマンにフラれたんです、昨日」と、僕に全く関係ないハナシを繰り出しまして。

 

 

あーこれ関わらんほうがいいヤツだと瞬時に判断。

 

 

「ソイツとは縁がなかったんだ、早いとこ上書きしたほうがいいぞ」と言葉を残し

 

煙草を買うという任務すら無視しその場を去ろうとしたそのトキ!

 

僕の腕にガシッと!何とも強いチカラでガシッ!としがみ憑いてきやがりまして

 

「バンドやってるヤツなんて最低なヤツしかいない!」などと大声で叫びだしましてね。

 

 

なんだ!このクソ巻き込まれ事故は!なんという不運!

 

 

自分の不運を怨みながらも兎に角この人から離れたい一心で

 

「マトモな恋愛できるバンドマンなんかそもそも居ねえ!落ち着け!」

 

と、咄嗟にヒドい応答をしたところ

 

怨み節を喚き散らしていた人が一瞬で静寂の人となり、ただジッと僕を見据えましてね。

 

 

よし!逃げよう!とバイクに跨ろうとしたんスけど。

 

 

その人、背負っていたリュックから刃物(ペティナイフくらいのサイズ)を取り出しまして

 

刃は天を仰いでおり両の手はシッカリと柄を握っており…。

 

そしてひたすら僕を見据えているんですよね。

 

 

でもその人の刃物を握る手が震えているように視えたので

 

「バンドは多かれ少なかれ人気商売だ!納得できないことも多かったろうが、それは仕方ない!(僕的には正論)」

 

とか何か適当にそれっぽいこと連ねてたら、泣き出しまして、その人。

 

『アァ良かった…刺されることはなさそうだ…』

 

などと安堵を感じてしまった僕のミスなんすけど。

 

 

やっぱりっつーか、なんつーか、僕に向かって刃物を振り廻しだしまして…。

 

 

『待テ!待テ待テ待テ待テ!ペティでも刺されれば痛いし熱も出るぅぅううう!』
『てか何?!たまたま視憑けた赤髪に襲い掛かるって何よ?!』
『なんだ!君はアレか!サクランしてんのか!錯乱坊さんか!』

 

てことで応戦しました僕、これはもう正当防衛です。

 

命の危機を感じたトキは無我夢中で防衛するのはイキモノの本能。

 

不運な僕の一撃が運良くクリティカルヒットしたようで、錯乱坊は気憑いたら地に伏してましたが。

 

 

命の危機を脱して数秒は茫然としたよね…当たり前なんだけど。

 

 

『なにもうこれ…怖い…錯乱坊めっちゃ怖い…』

 

疲労感しゅごい…などと思いつつバイクを…。

 

『てかバイク…僕いまバイク持ってないよな…』
『そもそも20歳の誕生日を迎えたトキに今後一切ノリモノの運転をしないと決めたよな…』
『そしてココどこだ!どこのコンビニだ!』
『あれ??!地に伏してたハズの錯乱坊が消えている!なんだ!』
『ハッ!なんだこれ!夢か!夢だな!』
『だってさっきまでノインの最新刊を寝床で読んでいたもの!』

 

これは!これは夢だ!

 

と、夢認定をしたあたりで眼が醒めたワケなんスけど。

 

 

いあ、ね、妙にリアルで怖かったんスよ。

 

 

「マトモな恋愛できるバンドマンなんかそもそも居ねえ」

 

って、自分で叫んだのがすげぇ脳に残ったんだよな。

 

 

と、ここまでを寝起き脳で文字におこし

 

スタフ嬢に読ませたところ

 

「折角書いたんだから久々にブログの更新でもしてください」

 

と云われたもんでね!今!

 

こうして読める程度のモノにしているワケですけども。

 

 

「女樂さんのブログって怖い話しかないですね★」

 

「そうだね★」

 

「音楽のこと書く気ゼロですね★」

 

「やったね★」

 

という正しいブログの使い方について…(割愛)

 

 

夢ヲチだけだと何だかなぁと思ったので

 

↓ついでに?追記?説明?フォロー?などもドウゾ。

 

 

ナゼにこんなリアルな夢視たんだ、と思ったら、以前同じような経験してんスよね。


そのトキは、バンドマンではなく呑み屋の店員に啼かされた錯乱坊を数人で制止したんですけども。

そのトキは、もちろん負傷しましたけど僕。

そのトキは、錯乱坊を警察に任せましたけど(示談解決)。


そのあたりの差異が夢と現実の違いだね!どっちにしろ怖いよね!

 

 

でだ!

 

 

フォローしておかなければならないココ!ココな!

 

「マトモな恋愛できるバンドマンなんかそもそも居ねえ」

 

コレは嘘ではないですが事実でもないです。コトバのアヤみたいなもんだ。

 

 

僕の思うマトモな恋愛ってのは。

 

 

なんつーのかな、僕が他人に合わせるコトが出来ないモンで、説明し難いんだけど。

 

なんか、こう、週末はデイト★いつも一緒に居たいの★みたいな感じ?合ってる?

 

 

いあ土日祝関係なくスケジュール最優先!ってなるんで。バンドやってると。

 

他にも色々ありましょうが(今は全くないが昔はよくバンドマン彼女の相談を受けてたモンで何となく解る)

 

どうしたっても様々な不満は生じるもんなんで、それはもう仕方ない。

 

相手に我慢をさせてしまったり不満や不安を抱かせてしまうコトが多いわな。

 

回避できないコトもあるし辛うじて受けなければならないトキもある。

 

プレイヤア本人の性格どうのこうの以前の問題であると、バンドをヤり続けている僕は思っている。

 

のだが、一般的にはバンドマンは糞である、みたいな認識なんだよね。

 

なんでだろうね。わりとストイックなヒトが多いんだけどなぁ。(色恋に限らず・僕の知る範囲では)

 

 

さて!ハナシがウマくマトメられないのは通常運転だ!

 

どうやって〆にすっかな!

 

なにがいいかな!

 

よし!

 

あぁああ鬱陶しいィィイイイイって思ったオンナノコ達のハナシで〆るとしよう!

 

 

基本的に自分のバンドと無関係のコの言動は

 

視ざる云わざる聞かざるってのが正解なのだけども。

 

当人等は既に音楽活動を終了してて全く見掛けないから時効!

 

 

以下は僕の経験上のホンの一握りだが…。

 

 

昔はしょーもねーコが数多くおり。

 

兎に角イライラするコトが多かったんスよ。

 

 

来るなと云われている楽屋に乱入し

憑き合ってるんですアピールを大声でヤラかすコとか。


来るなと云われている打ち上げに乱入し
誰も私をカマってくれない!と泣き出すコとか。

 

↑こーゆーのって結局ソイツの所属バンドのカブを下げるだけなんだよね。

 

彼氏とやらに迷惑を掛けたいのか承認欲求なのかもしらんが

部外者からするとひたすら鬱陶しいだけなので

このテのコはスタッフ総動員でその場から排除されていた。

 

 

僕の家まで来て、彼と連絡が取れない!と大騒ぎし

居場所を教えてくれるまで帰らない!と泣き続けるコとか。
(知ってたけど良くないコトに発展する予感がして教えなかった)


妊娠したんで!(実際はしてなかった)
私と結婚するように女樂さんから云ってください!(もちろん諦めさせた)


↑ココまでくると、ナゼ部外者の僕が対応せにゃぁならんのだ…としか思わない。

(オンナがキレてるから何とかして、と頼んできたヤツもいた)

 

 

もっとヒドいコも居たし、書けないようなコトもあったけど、まぁ、うん、仕方ないな。

 

バンドやってるヤツの彼女(自称含む)のワガママなんぞ捻じ伏せるのは当然!と思っていた時期がありました。

 

 

今とっても平和です★

 

 

そもそも色恋の類いのハナシを全く聞かねえ。

 

少なくても、僕が知る範囲内では、だけどな!

 

 

はい!〆!(終われてない

2019.06.14 Friday 20:43 つれづれ日記

「うゆにって凄いよね」


ピノキヲの初流通音源が快挙ですよ奥様。

 

「いあぁ凄いわアンタ、凄いよ」という語彙力ぅぅうううう的な感想しか出ない。

 

 

何が凄いって奥さん。

 

 

今回のこの「セガいち」殆ど独りでやったようなモンなんですよ。

 

確かにレーベルや流通さんのヲ力添えがあったからこその底上げだとは思いますが。

 

思うけども。

 

ピノキヲの何が凄いかっていう説明をおじさんはコッソリしておきたい。

 

 

紆余曲折を経て。

 

 

曖昧中毒とピノキヲは現在同レーベルに所属しているわけですけども。

 

同じレーベルだからといってバンドによってヤリ方が異なります。

 

それは各バンドのヤリ方を優先してくれているから異なっているのである。有り難い。

 

曖昧中毒とピノキヲが異なるように

 

シンナーズもキボウ屋もChickenHatもNOSTRADAMNZも異なるわけで。

 

異なるだろうけど、僕は曖昧とピノ以外のバンドさんの録音詳細は知らない★

 

 

そんな曖昧とピノの違いを視てくれ。

 

 

★レコーディング(音を録る作業)★
曖昧中毒⇒坂出スタジヲにて収録
ピノキヲ⇒自腹で料金を支払い独りで収録(エンジニア料も発生してると思う)

 

★ミックス(音を整えたり効果音を録ったりする作業)★
曖昧中毒⇒坂出スタジヲにてミックス
ピノキヲ⇒自腹で料金を支払いミックス(エンジニア料発生)

 

★マスタリング(トラック順に並べたりして音をCD化する為の最終作業)★
曖昧中毒⇒坂出スタジヲにてマスタリング
ピノキヲ⇒自腹で料金を支払いマスタリング(エンジニア料発生)

 

★プレス(店頭に並べる商品にするための工程)★
曖昧中毒⇒レーベルにヲ任せ(プレス枚数などもレーベル判断)
ピノキヲ⇒自腹でプレス(曖昧よりかなりプレス枚数多いけど本人が明かしてないっぽいので秘密)

 

★プロモーション(皆さんゴ存知の宣伝)★
曖昧中毒⇒レーベルにヲ任せ(webスタッフがやってるプチ宣伝などとは別)
ピノキヲ⇒レーベルに丸投げではなく自らあちこち動き回りとにかく売り込み

 

 

比べると分かりますでしょ。

 

コレ殆ど独りでやったんだよ!

 

貯金がなくなったって云ってたよ!

 

相当メンタル憑かれちゃうと思うんだ。

 

この作業を独りでやりながらツアー同時進行してたからなぁ。

 

なんてアクティブなキモヲタ!とか思いつつ、ガンバレーしてたけど。

 

 

省いている説明など多々ありますが、まぁそこはあまり気にしない。

 

 

僕は駄菓子菓子の1stアルバムの時からずっと

 

レーベルや事務所やスタッフや流通さんに任せっきりで

 

自分では何もしてこなかったものでな…(反省

 

 

やはり作ったからには自らも動かねばならんのです、インディーズなのだから。

 

 

この数ヵ月ずっとうゆにを視ていて

 

嗚呼これがインディーズ魂だ。

 

と、思い出したね。ありがとう。

 

 

当初、曖昧中毒の「白盤」も「セガいち」と同日リリース予定で進めていたんスけど。

 

色々な事情もありつつ「白盤」のリリースを1ヵ月遅らせることにしたんスよ。

 

その事情のヒトツが、僕のココロモチの問題だ。

 

ピノキヲ初流通ってのを僕が推したかっただけなんだがな。

 

そりゃ曖昧中毒だって作ったからには1人でも多くの重低音好きな方に聴いていただきたいですけども!もちろん!

 

なのだけど、なのだけども!

 

ピノキヲっていうセガセガ云ってるオカシなヤツも知っていただきたい、という僕も居てだな。

 

 

まぁそんな感じだ。

 

 

僕のココロモチ問題で大人的な事情においてゴ迷惑をヲ掛けした部分もあるけど!

 

 

結果的に。

 

 

ピノキヲの「セガのゲームは世界いち!」は

 

多くの方に聴いていただけることとなり

 

永年の友として嬉しい限りであります。

 

 

嬉しいと同時に。

 

 

今まで人任せにしてきた自分が情けなくもあり。

 

うゆにを見習って次の音源からはキチンと自分も動こう!と奮い勃つ僕。


善い具合に鈍器で殴られたような感覚をいただいたね!やったね!

 

 

最後に曖昧中毒の音源の宣伝などもブッ込むべきなんだろうけど、ナシ!

 

うゆに凄ぇよっていうのを残しておきたかっただけなので。

 

ま!


引用はしたけどね!それくらいは生温かくスルーだ★

 

 

キモヲタ、おちゅ!

2018.11.24 Saturday 19:18 つれづれ日記

「マンデラエフェクト」


数年ぶりに何コレ怖いって思ったことがあったので覚書。

 

半年ほど前かな。

 

実家から徒歩4分程度の呑み屋へ 夕飯でも喰いに逝こうかと玄関で靴紐を結んでいたところ

 

母上様から「これついでに投函してきて」と一通の封書を渡されましたのです。

 

その呑み屋に憑くまでの間にポストがあるので、ついでに、と。

 

アァはい、投函しとくっす。てな感じでテクテク。

 

さぁ投函だ!と思ったらポストが無いんスよね。

 

おぉ知らんうちに撤去されている、このゴ時世おてまみなんぞなかなか…とか考えながらスルー。

 

飯喰って実家に戻り、母上様にポスト撤去の旨を伝えましたら

 

「は?在るわよ!あんた廻り視ないで歩くからポストの場所間違ったのね!」と云われたのです。

 

いあしかし母上、なかったので、こうして封書を持ち帰ったわけで…などと云うても聞いてくれないので

 

あぁハイ、すいません。と残しその日は終了。

 

さすがに物心憑いた頃から認識しているポストの位置を間違えるわけねぇんですよ。

 

それから2〜3ヶ月経った日のこと。

 

またも実家から徒歩4分の呑み屋に飯を喰いに逝こうと靴紐を…(略

 

そして母上様の「これついでに投函してきて」攻撃。

 

いあいあ母上、あのポスト撤去されてて、いま無いんですよ。

貴女が駅方面の行き来しかしないから撤去に気憑いてないだけですって。

なので呑み屋までの道程にポストはなく投函は出来かねます。

 

「在るわよ!アタシこないだ通ったら在ったわよ!なに?!アンタ酔っ払ってんの?!」とオオゴエ出されたので

 

こちらもついついオオゴエになり「酔ってねえよ!無ぇもんは無ぇんだよ!!!」と事実を伝えたところ

 

小馬鹿にしたような薄ら笑いを浮かべ「あんたの記憶力低下がひどいことは分かったわ、もういい!」みたいな。

 

なんとも小癪な…まぁそれはいいとして。

 

なぜポストひとつでこんなにムキになるのか母上様。

 

在るもんは在る!オマエの記憶力の問題だ!などと云われたので

 

僕も少々イラッとしつつ呑み屋に向かったわけです。

 

んで、昔から在るはずのポストの場所で止まり、そこに無いことを確認し、左右をも確認。

 

やっぱりどこにも無いので、ホラな!無いよな!撤去されたよな!僕は間違っていない!と満足し、その日は終了。

 

バンド関係のモノを実家にブチ込んであるのでライヴなり何なりがあると実家に逝くわけですが。

 

そっからライヴもリハも何度もあったが暫くは投函攻撃は無く。

 

ついぞ2〜3週間ほど前か。

 

曖昧スタリハ前に、また投函攻撃を受けたので。

 

もぉいい加減にしてくれ、何度云うたら納得してくれんだよ君は!みたいなことを母上に云うたところ。

 

「それはこっちのセリフだ!あんたアタマおかしくなったんじゃないのか!在るもんは在るのよ!」と

 

かなりヒステリックに云われたので、もぉなんだ、面倒臭い、もぉどうでもいい。ってなり、封書を受け取ることもなく終了。

 

このハナシを誰かに云うわけでもなくボンヤリ数日過ごしていたら

 

地元友、ようするに僕の実家の近くに生まれたときから棲んでるヤツ、から呑みに誘われたのです。

 

酒のツマミにと、母上の投函攻撃のハナシをしたところ。

 

「あ?あの取り壊し待ちの集合住宅の横のポストだろ?いあ在るだろ、俺は3日前くらいに通ったけど在ったぞ」

 

え?いあいあいあいあいあいあ、無いですって。僕は何度も確認してますって。

今日は確かにあの道通ってないっすけど、ちょっと前にも確認して無かったし。

 

などと、またも不毛な在る無いハナシになってしまい

 

結果、よっしゃ今から確認しに逝こう!ってなりまして、フタリでポストの確認に向かったんすよ。

 

そしたらね奥さん、無いんですよポスト。やっぱり無いの。

 

ほらな!無いだろ!ちっさい頃からここにポストが在ったのは知ってるけど、知らんうちに撤去されてんだよ!

在ると思い込んでるから撤去されても気憑かないだけだろ!勘違いだろ絶対!と、勝ち誇ったように雄弁な僕。

 

「なんで無いんだ!こないだ在ったぞ!視たぞ!」とか云いだすので

 

コンクリート地面の撤去痕跡の確認をしたんす。

 

撤去されたなら地面に痕跡があるわけで、そらみたことかってハナシです。

 

そぉしましたら奥さん、無いんですよ、撤去痕跡。どこにも。

 

その一帯は道路補正の様子もなく、そこにはただの経年劣化したコンクリート地面しか見当たらず。

 

なんか急にゾッとしてしまいましてねフタリとも。

 

少なくても、僕、母上、地元友、の3人はココにポストが在ったという記憶が鮮明に残っている。

 

のに、無い。撤去された形跡も無い。

 

えっなに何だこれ。何ですか!とか瞬間的に混乱する僕。

 

「おい!これ!マンデラエフェクトだよ!やべぇよ!やべえええ!」とか意味不明なことを云いだす地元友。

 

イミフなこと云いだしたので瞬時に冷静になる僕。

 

なんだマンデラエフェクトって。バタフライエフェクトの進化形かナニカか?

 

「いあ有名だろ!マンデラエフェクト!やばいよ!俺たち違う世界線に移動したってことだよ!やべえよ!」

 

あーーー世界線とか云いだしちゃったよ…コイツこんなヤツだったな忘れてたわ…。

 

いあ、あのちょっと恥ずかしいからオオゴエ出すの止めろスピリチュアル野郎。黙ってくれ。

 

とか制してもテンパってて手におえない。喋り続けるスピリチュアル野郎。

 

分かった分かった、恥ずかしいから今日はとりあえず帰ろう。てか黙れ。

 

とか云いつつ、僕は心のなかで「あぁ憑かれた…帰ったらSTEINS;GATEを視よう…」と思ったのでした(さくぶん

 

世界線などというハナシはシュタゲだけでおなかいっぱいだゼえるぷさいこんぐるぅ。

 

無印22話まで視て、β世界線23話視て、ゼロ1話〜23話までを…とか時系列で視治しましたね。

 

まゆりが笑っていれば僕は満足なんです!とか。

 

こんなデキゴトを先日10月6日のエレホで

 

スタフと社長とピンク金魚に話したところ

 

社長がその場でマンデラエフェクトを検索。

 

その検索結果を読ませてもらった僕。

 

今になって急に怖くなった僕。

 

怖いので地元民にポスト調査を行うことを決意した僕。

 

世界線の移動やパラレルの類いを一切信じていませんがね!

 

ただ怖いので!自分の記憶が!ポストの記憶!納得できんので!確かに在ったのに無いからさ!

 

では颯爽と調査(呑み)に逝ってきます!(敬礼ッ

2018.10.09 Tuesday 18:38 つれづれ日記

「ザ☆マッドエース」


ザ☆マッドエースとは殺害同期なんだぜ。

主に呑んだり、呑んだり、呑んだり、呑んだr(割愛

もう15〜17年くらい経ってんだよナー



そんなマッドエースが解体になり

THE DIGITAL CITY JUNKIES を創めたぜ☆と聞き、

「何その長い名前!憶えられないからバンド名変えろよ!」

とか話してから数えて10年ですよ奥様。



結成十執念記念のワンマンで2曲も唄わせてもらえて、僕もう感無量。

回想録的なモンを書こうと思ったけど、視に来なかった人に知らせるの勿体無いから止めとこ!

これからの殺害を背負うだろうと確信した素敵なライヴだった。(書いてる

ユダ君のあとに唄うのはとてもお腹が痛かった。(書いてる

クレイジーSKB社長からのVコメを視て敬曖が強くなった。(書いてる



まず楽屋に入ったときに

ケンケンの愛猫(他界なさった)から花が届いていて啼けた。

誰が送ったか大体見当憑くけどな!とケンケンとボヤいたり。(書いてる





うゆにが普通に前売予約してた。

パス出てるから予約破棄するよ?って伝えたら

じゃぁ当日券買う。と駄々を捏ねるので、お客様。

終演後、感想を僕に送り憑けてくる乙女っぷり。


(雑談はスルーで★)



紆余曲折を超えまくりで現在の4人に至ってるわけだが。

なんじゃもう紆余曲折がありすぎて、僕もう感無量。

色々知ってるし色々アレだから、僕もう感無量。



ずっとローディーだったユラがベエスで加入した頃

「おい、そこの下手糞野郎!」とか呼んでたのが懐かしい。

それなりに花のある子に育って、僕もう感無量。



Kz君がギタアになった時に

「あれっベエスよりギタアのほうが巧いな!」とか

暴言吐いたのも懐かしい。



いまのデジジャンを支えていると云っても過言ではない¥U-SUKEを

ワンマン当日までずっと「パニック糞野郎」呼ばわりしていたのは

僕なりの曖情表現だ!だ!



ケンケンに至っては兄妹みたいなもんで、もう、うん。

無粋なことは云わんでおk!



活動のシーンは異なっているものの、この腐れ縁はまだまだ続きますよ奥様。



バニラダイス!杉山!バニラダイス!杉山!(あっ





2016.10.24 Monday 04:44 つれづれ日記

「ピコピコポン!」


僕がシャラクとフクスケに出逢ったのはもう何年前か。

メトロノームが1998年からで

ウチの企画に出てるから。

たぶん1996年には既に出逢ってる。

その頃はまだピコピコポンだったなー。

音楽から遠ざかって逝くヒトが多いなか

ずっと音楽を続けていてくれてアリガト。

また同じステージに立ってくれてアリガト。

おかえりなさい。

いろいろ思いながら眺めてたけど書かないどこ!

3人でシンセ弾かれたときは鳥肌がたったもんだ。(書いてる

7年ぶりに視ても、やっぱり愉しかったし、素敵だったことだけは確かだ。(書いてる




2016.09.21 Wednesday 00:33 つれづれ日記